日本語教師について

日本語教師って何?

「日本語を教える専門家」

私たちは日本語を話し、理解し、読み書きもできる。だから日本語を教えるのは簡単?と思うかもしれません。しかし、共通言語の無い人に言葉を教えるのは実は難しいものです。「日本の大学に入りたい」「日本の会社に就職したい」「日本語で日本人とビジネスがしたい」などの希望を持つ外国人は、正確な日本語の会話・読み書き能力を限られた期間で身につけることが必要となってきます。そのための知識とノウハウを持つのが日本語教師です。日本語を母語としない人に日本語を教える専門家ということになります。

年齢・性別関係ない!
日本語教師として活躍している人は年齢や性別もさまざまです。子育て中の主婦や定年後の男性が受講・修了(資格を取得)し、非常勤講師として活躍するケースも目立ちます。日本語を学ぶ学生も若年層とは限らないので、幅広い世代の日本語教師が求められています。
公的資格なし!
スキルを身につけて!
日本語教師となるために必要な公的資格はありません。日本語教師養成講座や大学・大学院で学び、しかるべきスキルを身につけて仕事に就くケースが多くみられます。
外国語は必須でない!
外国人に対する日本語教育は、日本語によって日本語を教える「直接法」が主流。外国語能力はあるに越したことはありませんが、授業を行ううえでは、さほど重要視はされません。

日本語教師になりたい!

日本語教師になる際に必要とされるものは?

  • 日本語教師養成講座420時間修了
  • 日本語教育能力検定試験に合格
  • 大学等の副専攻で日本語教師養成課程を修了

※日本語教師募集の際にこれらのいずれかもしくは複数を必要とされることがほとんどです。

学校の選び方!
海外または国内の日本語教育機関では「日本語教師養成講座420時間修了」が採用の条件になっているケースがほとんどです。採用試験には「模擬授業」が課せられることも多く、実習授業の充実度がポイントになります。
日本語学校が
運営母体であること!
教育の現場が身近にあるので、現役講師はもちろん、留学生も身近に感じられます。
実習授業が
充実していること!
実習が多いので講座受講中にたくさんの間違いをすることで学び訓練できます。1つでも多くの経験を積みましょう。
外国人留学生相手の
模擬授業が充実している!
当校はレベルの合った留学生を招くので本番さながらの模擬授業となります!

修了したらどこで活躍?

日本語教師は世界中から求められています!

日本での活躍の場
●日本語学校 ●自治体やボランティア団体の日本語教室 ●大学の留学生別科 ●インターナショナルスクール ●企業での出張レッスン ●外国人技術研修センター 等
海外での活躍の場
●日本語学校の提携校 ●海外の日本語教育機関 ●公的な海外派遣プログラム等

このページの先頭へ